New Partnership between ASC Technologies and 
Sumitomo Shoji Machinex

住友商事マシネックス社とASC Technologies社 パートナー契約締結完了のお知らせ


Microsoft Teams向けコンプライアンス・レコーディング・ソリューションの国内リリースに向けた提携

ASC社は日本の通信分野で最大のディストリビューターの1社である住友商事マシネックス(SMX)社とのパートナー契約が完了したことを発表いたします。オムニチャネル・レコーディング向けのソフトウェアとクラウドソリューションの世界的大手プロバイダーの1社であるASC社はSMX社と力を合わせMicrosoft Teams向けコンプライアンス・レコーディング・ソリューションの国内市場への提供について提携いたしました。

ASC社のコンプライアンス・レコーディング・ソリューション『ASC Recording Insights』はMicrosoft Teamsによるコミュニケーションのレコーディングと、そのデータ保存を法的義務の観点から求める全ての企業様や、組織での使用を目的としたMicrosoft Teamsのネイティブソリューションです。Microsoft Teamsによるクラウドベースのコミュニケーションとレコーディングの必要性は国内でも高まっており、SMX社はASC Recording Insightsを国内市場に導入することで企業の法令順守への一翼になると確信しております。

「パートナーのSMX社と力を併せてMicrosoft Teamsのためのコンプライアンスソリューションを日本のお客様に提供いたします。金融機関様や他企業様が法令に準拠した方法でMicrosoft Teamsによるコミュニケーションを実現するために我々は最大限のサポートをご提供いたします。」とASC社最高経営責任者であるDr. Gerald Kromerは力説いたします。

さまざまな国と業界のお客様はMicrosoft TeamsにASC Recording Insightsをシームレスに統合することで恩恵を受けています。Microsoft Teamsは世界で最も人気のあるコラボレーションツールの1つであり、現在、月間2億5000万ユーザが使用しており、そのユーザ数はまだまだ増加しています。マイクロソフト社によると、2020年の日経225社におけるMicrosoft Teamsの利用率は84%でしたが、2021年同時期には94%に増加いたしました。SMX社はICTシステムの専門家であり従来の電話システムをMicrosoft Teamsに置き換えるこの強力な市場トレンドに十分に備えており、今後のこの市場において法令に準拠した方法でMicrosoft Teamsに移行する必要があると予測しています。

「この度、ASC社との契約締結が出来た事を大変嬉しく思います。ASC社のソフトウェアならびにクラウドソリューションは、当社が得意としておりますマイクロソフトのTeams Voice市場において多くの利用者のDX化を促進し課題解決に繋がるものと確信しております。」 とSMX社 ICTソリューション部 吉田部長よりコメントをいただきました。



住友商事マシネックスについて
住友商事マシネックス株式会社は1962年の設立以来、機械、電機、情報通信、建築設備分野を専門とする商社として成長を続け産業界の発展に貢献してまいりました。近年では新たな分野でのビジネス拡大に取り組むとともに日系海外進出企業へのサービス支援、海外企業とのコーディネートも積極的に行っています。 また、情報通信分野においてはユニファイド・コミュニケーション(UC)、ICTプロダクト、通信インフラの取り扱いがあります。



SHARE

Additional
 
ASC Technologies AG
Seibelstrasse 2-4
63768 Hoesbach
Germany
Phone: +49 6021 5001 - 264

Fax: +49 6021 5001 - 310
Contact:
Katrin Henkel
PR & Communications
k.henkel@asc.de